いろいろこっそり

 

今日もどしゃどしゃと

雨の降る東京。

気温が低くて、少し寒い。

アルコールがちょっと

入ってしまったから

昨日はバスに乗って帰ったので

今日の出勤もバスと電車で。

雨の中を歩くのね . . . ということで

またまた Blandstone の出動です。

 

雨がひどいと、

長めのワイドパンツとかは

裾を汚すに決まってる。

濡れてもハネをあげても気にならない

黒のスキニーデニムになりがちです。

(ストレッチスリムパンツStella

洗濯中でありました。)

昔作ったゆったりVネックを着て

気温が低いのでパーカ (MIC完売) も

はおってきました。

こういうのが着られる間は

ポケットがいっぱいあって便利だなと

ちらっと思う。

Tシャツ1枚になると

携帯やイヤホンケースを入れる場所が

バッグしかなくなるんだよね。

 

 

今日はこんな感じです。

毎日地味で黒い。

 

こういうスリムパンツの上にも

Stella の上にも

着やすいトップスを考えています。

アシンメトリーで少しモード目に。

 

 

こういうのはどうだろう、と

パタンナーさんに提案し、

最初のトワル(簡単に作った形見本)を

先日見せていただきました。

 

モードめって思ってたけど

なんか、違うよね(ババ臭い!?)と

せっかくトワル組んでいただいたのに

残念ながら、最初のアイデアは

微妙な感じだったのです。

 

ああでもない、こうでもないと

パタンナーさんを含めて

そこにいたメンバーで

あれこれ意見を出し合い考え考えて、

着丈や、身幅や、バランスを

かなり変更していただくことにし、

あまりに味気ないので

リボンをプラスすることに。

 

そこからまた

パターン修正していただき

工場にお願いして

すごいスピードで

1stサンプルが上がってきたのがこれ。

ここだけでこっそりチラ見せしますとですね

こんな感じになりました。

(後ろのジャケットも気になりますか?笑)

 

すごくいい感じになったと思うの。

ほっそりパンツと着ても

そこそこ太めのパンツとも

実はスカートとも

上手に着られそうです。

前後、どちらを前にしても

着られるように作ります。

横からのシルエットとかも

いい感じで可愛いの。

モード感と、甘さのバランスが

いい塩梅に入ったと思う。

白とサンドベージュでも

サンプル作ってみようと思います。

いやーん。楽しみ。(誰?)

 

この黒を、浅めの色の

太めストレートのデニムと着たら

可愛いのではないかとか。

ほっそりパンツと着ると

どこぞのいいとこの奥様風じゃんとか

お嬢様なら、ちょっと華やかシーンにも

いけるんじゃないの!?とか

妄想が広がってます。

あー楽しい。

こういうの考えてる間の

ハッピーなこと。

お客様皆様にこの楽しさが

伝わるようなものに仕上げたいです。

 

それにしても、一人で考えると

結構独りよがりになるものが

何人もの意見を加えると

バージョンアップ、

パワーアップするなぁと思いました。

 

自分でこういうのむっちゃ好き、と

はっきりわかってるものは

迷いなく作れるのですけれど

イメージが固まらないものに関しては

自分以外の人の目が必要と痛感します。

 

自分の好みというのは

結構偏ってたりするのだね。

ようやく認識してきました。

 

さてさて、日々こんな風に

ひとつひとつ、

一歩進んでは二歩下がりながら

作っております。

 

どんな場所にいても、

どんな状況にあっても

人は何かしら身につけて

生きているのだからね

嬉しく着られるものがあれば

普通の毎日もちょっと

楽しくなるはずなんだ。うん。

 

今日はこっそり企画の木曜日ですね。

先週のお弁当包みも、

喜んでいただけたようで

私の方が喜んでおります。

本当にありがとうございました。

 

今回も手作り企画といこうかなと話すと

なんかお母さんの手作りコーナーみたいに

なってますねー って

クールなサチコに突っ込まれました。笑

くじけずにいこうと思います。

 

かなりへたってますが

昨年作った室内ばきです。

内側の素材が違ってたり

いろいろ失敗してます。

 

 

下のおじさんにうるさいと怒られて

夏の裸足の足音対策に自作したものです。

ひと夏はいて、結構気に入っており

今年も洗い替えを作ろうと思ったところで

お客様のためにもひと組、

作らせていただこうかなと。

デザインはこの扁平な感じで

サイズは23-24cmくらいで、

手作りのため、完成度の保証はなく

それでもいいよ、というお客様で

27日木曜日中に

弊社オリジナル商品をご発注いただき

ブログ見ました、室内ばき希望的なことを

備考欄にご記入いただきました方、

抽選でおひとり様にお送りさせていただきます。

 

デザインというか表側の素材は

赤か黒かブルーのリネンになる予定です。

 

 

今から作るので、

実物写真がないという

詰めの甘い企画ですが

よろしければ、ぜひ。

(実物ができましたら、

インスタとかで後出しアップしますね。)

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

アイロンのススメ

 

今日もよく晴れて

でも、乾燥して気持ちのいい日。

来客あり、外出予定ありの日です。

 

生産をお願いしている会社の方々が

お見えになる予定なので、

この春夏で作っていただいた

トップスを着てきました。

ほんと、ヘビロテしてます。

 

Magan Black です。

デニムとスポーツサンダルで。

 

 

この格好、きっと夏中してると思う。

 

なんてことない

普通のTシャツですが

カットソーとボイルの取り合わせが

とてもお気に入りであります。

(白も残りわずか。

ご希望の方はお早めに。)

 

同じ素材で七分袖で

袖口だけをボイルにし、

ボイル部分がダブルになったもの

すなわち、透け感が少なくて

季節が秋に向かっても

大丈夫そうなものを

秋物の第1弾として企画してます。

ほんとフツーの感じに

サンプル仕上がってきました。

 

 

目立たないけれど、つい手に取る

キーアイテムになるトップスと思います。

秋物とはいえ3ヶ月は着られるように

7月には製品アップしたいと思ってます。

どうぞお楽しみに。

週末のライブでチラ見せ予定であります。

 

Magan ですが、ヘビロテしてるので

何度もお洗濯してますが、

この素材、天竺もボイルも

ほんと、いいよね、と感じてます。

 

ネットに入れて

洗濯機で洗い、干して畳み、

着る前に、アイロンをかけると

かなりきれいに戻ります。

 

Tシャツにアイロン!?と

思われるかもしれませんが

畳みジワが伸びるだけで

「お店から買ってきたばっかり」

みたいな状態になります。

 

着る人がだいぶくたびれてるので

着るものがピシッとしてると

服に助けられるのですよね。笑

 

デニムは友達のブランドから

買わせていただいたもので

これも超愛用中。

ゆるっとしてて、気を張らずにはけて

でも、今年らしいシルエットです。

かっこいいデニムを作るのは

難しいので、こればっかりは

他社製品に助けてもらいましょう。

 

デニムを選ぶ時には、

シルエットも、色も、素材も、

そして価格帯も

本当に本当にたくさんあるので

いろいろ探して試して、考えて、

自分の”嬉しい気持ち”に添うものを

選ぶのがいいのではないかと思ってます。

 

これは、どんな服を選ぶ時にも

そうなのかもしれませんね。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

雨の日とか靴とかサンダルとか

 

相変わらずぐずぐずと

降ってるのだかどうだか

はっきりしないような雨模様。

湿気がものすごいことになっていて

家でも事務所でもとうとう

エアコンがドライモードで

稼働しはじめました。

 

洗濯物を干しながらも

どうやっても乾く気がしない。

今日は扇風機も

タイマー設置してきたけど

どうだろうか。

ついこの間まではほんとに

乾燥してたんだなぁと思います。

 

ということで、Blundstone

大活躍する季節がまたやってきました。

 

 

2014年からずっとお勧めしてます。

もう7年履き続けてますが、

まだ大丈夫そう。

 

傷がいっぱい出て見た目は汚いけど

はく度に手入れをしてるし

機能的には何の問題もなく

自分の足への馴染み方は半端なく

はき心地良くなっています。

これは本革ならではですね。

 

新しいの買おうかなとか思ってたけど

このままいってみることに決めました。

結構な数のレポートも年月と共に

積み上がってきてる感じだし

それはそれでいいやん、と

思ってしまった。

 

とはいえ、あたくし

「同じ靴は毎日はかない」という

自分ルールを作っているのですよね。

靴を長持ちさせたいからなのですが

これ、靴の長持ち効果は絶大

と思ってます。

 

1日はいた靴は次の日の朝に

底をブラッシングして、

底まわりを濡れ雑巾で拭い

あとは素材によって

乾拭きするなり

水拭きするなりして

内側に除菌消臭スプレーするという

1分かからないくらいでも

きちんとお手入れをして

靴箱に戻します。

 

1日休ませると、

靴がホッとしてるように感じるの。

毎日の出動は靴勤務的には

過酷なのだろうと思います。

ことに雨に濡れた靴は

少なくとも次の日は休ませてあげたい。

 

で、こう雨が続くと困るのですよね。

明日は何はくの?ってことで。

 

雨用、と明確に役付けしてるのは

HUNTER の長靴と

Blundstone のサイドゴアブーツ。

 

長靴はいたら短パンがはけるので

それはそれで楽しみ。

事務所に着いたら

足が重いし蒸れるから

キープしてあるサンダルに

 

 

履き替えればいいか。

(これ、大人気でした。

キープしておいてよかった)

 

あとは厚底のエアマックス系。

スニーカーでもサンダルでも

素材的に濡れても傷まないし

高さがあるので、足が濡れにくい

ということで雨靴としても

選択肢のひとつに入れてます。

 

2年くらい前から

私的春夏靴の中における

スポーツサンダルの

存在感がアップしてます。

 

最初に履きはじめたのが

王道のTEVA。

裸足で歩いてるような

圧倒的な楽さに感動して

これは今年も大活躍の予定です。

 

その次に手に入れたのが

BEAMS と SUICOKE コラボの

厚底スポーツサンダル。

ゴールドのアクセントが効いてて

かなりのお気に入りです。

長く履きたくて大事にしてます。

 

(*画像は当時のZOZOから)

こういうコラボ系のは、

見つけた時に手に入れておかないと

もう買えない、というのもあるから

タイミングなんですよね。

 

去年手に入れたのが

Nike の COCO というもの。

エアマックスで、底が厚く

歩き心地がいいのと

脚長効果があるのと

雨にも強いので

出番が多い1足になってます。

 

今年気になってたのが

キャニオンというモデル。

とても好きな感じのデザインで

価格が税込8250円と

非常に値頃な感じで

うっかり発注してしまいました。笑

この価格帯で失敗することも多いので

さて、どうでしょうか。

 

(*画像はナイキのサイトから)

 

スポーツサンダルも2つしかなければ

日替わりではくことになりますが

選択肢が増えれば

お休み期間が延びるので

靴の痛みが少なくなります。

 

今年はものすごく様々なタイプの

スポーツサンダルが

いろんなブランドから出てるので

好きなタイプのものを

自分にちょうどいい価格帯で

見つけるチャンスかもしれません。

 

歩きやすくて可愛い

わたしの中のスポサンブームは

しばらく続きそうです。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

アクセサリー

 

以前書いたブログでご紹介した指輪。

 

おしゃれについて

 

これ書いたのは、

もう半年以上前ですね。

この指輪、愛用しています。

毎日機嫌よくつけて

過ごしておりましたら

原宿のユナイテッドアローズ本店で

素通りできないブレスレットを

発見してしまった。

 

PHILIPPE AUDIBERT の

明らかに同じシリーズ。

 

 

ここのはお値段もまぁまぁ優しい感じなので

即決で購入しました。

これも買ってから毎日愛用してます。

 

アクセサリーって

肌の色や体型によって

似合うものも違うし

もちろん、好みもそれぞれ。

 

世の中には山のように

さまざまなテイストのものがあり

その中から好き!と思うものを

あらためて探し、見つけ出すのは

なかなか時間のかかることです。

 

そこに価格と自分の納得感の

バランスみたいなものも

もちろん必要ですしね。

 

同じブレスレットは

ネットの中で探せば

もちろん見つけられたのだと思いますが

店頭で見かけて心惹かれるのとは

また別次元のこと。

 

大きさ、質感、量感、つけ心地など

実際に見ないと、

手に取らないと分からないことは

山のようにあります。

 

そして、その瞬間の嬉しい気持ち

家に連れて帰りたいと思う

強い気持ちで購入したものには

「出会った」感があります。

 

身につけてまた

嬉しい気持ちになることで

愛しさみたいなものを

使うごとに毎日重ねていきます。

 

パリから連れて帰ってきた

シルバーのピアスもそう。

そんなに高級なものではなかったけれど

無くさないように大事にしています。

 

ホテルの近くにあった小さな店で

友人たちと一緒にあれこれ選んだ

その時間、あの旅行全部の記憶が

身につけるたびにほんのちょっぴり

戻ってくるように思うのですね。

 

そういえば

そのずっとずっと前に

パリに行った時に

agnis b で買ったピアスも

大事に大事にしてます。

思えば父と一緒に行った

最後の旅行になりました。

母と小さかった娘と

4人で一緒に行った思い出が

詰まっているピアス。

おもちゃみたいなものだけど

私にはとても大事なものです。

 

高級品であろうが

そうでなかろうが

アクセサリーっていうのは

そういうものかもしれませんね。

 

とても肌に近いところで

身につけるもので

長い期間持ち続けるもの。

 

大事にしているものには

それぞれに皆さんにも

ご自分だけの物語がおありでしょう?

 

そういう風に思える

嬉しい気持ちで

身につけることのできる

そういうものを集められるといいな

たくさん持っていなくてもいいやって

そんな気持ちになり始めています。

 

あくまで、今ね、わたしはね、と

いうことですが。

また言うことがすぐ変わってる

可能性もありますけれど。笑

 

骨が細くて長くて

何を身につけてもきれいで素敵な

体型だったらもっとたくさん

いろんなものを集めてたろうな。

 

でも、似合うものが

限られてるからこそ

こんな風に

出会った時には

迷いなく手に入れる

そういう感じで

時間をかけて探していこう。

 

これどう?と

あれこれ試すというよりは

これこれこれ!

こういうのが欲しかったの!と

頭の中にきちんと

欲しいイメージがあるものを

手に入れることにしよう。

 

そう、アクセサリーに関しても

イメージがないわけじゃないの。

服と違って

自分で作るわけにいかないから

好きな感じのものに

出会ったらすぐに分かるのね。

なかなか出会わないし

アクセサリーの場合は

出会っても手が出ない場合も

大いにあるし。

 

とか言いながら

展示会に行っては

あれこれと物色したりもしております。

手頃な価格でいいものが

見つけられたら少し発注しています。

 

シンプルなワンピースなら

素敵なネックレスが

あるとないとで見え方が全く違うから

そういう提案もできるといいなと

あれこれ思案したりもしております。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

歩くことと走ること

 

金曜日で歩いて会社に行く日。

今日は暑かった。

七分袖のTシャツと

フルレングスのジーンズで

リュックを背負って

今日は日傘もさして

スニーカーをはいて

出てきました。暑い。

 

家から会社までのルートでは

日陰がない長い道路を歩きます。

寒い冬には良かったのですが

もう日傘がないと無理。

でも、本当は帽子を被って

手は空けて歩きたい。

 

5月から、インスタライブの時間を

後ろにずらす計画があります。

 

多くのアパレル会社が

金曜日の19時や20時からという時間を

採用なさっているのは

見てくださるお客様には

その方がいいのかもしれないということ。

 

弊社でも、19時からにする?という

案が出ており、

来週5月7日から、

そのようにしてみようかと考えています。

 

ということは、帰りも遅くなるので

労働基準法的にはスタッフの勤務時間も

ずらさなくてはなりません。

営業時間を12時から20時までと

することになります。

 

遅く終わることになった

インスタライブの後に

歩いて帰るのは気持ち的に負担が大きいし

歩いて帰ったところで

今は帰りに寄れる飲食店もないよね。

ここからの季節、

朝帽子を被って歩いて来たりしたら

頭が汗でペッタリになるのは見えてるので

歩き通勤の日を金曜日からずらそうと

考えています。

さて、何曜日にしようかな。

 

歩いて通うことも、

ずいぶん続いています。

これは、もう大丈夫と思う。

気持ちいいし、楽しいから。

夏になって、炎天下を歩くことの

作戦を考えなくては。

汗だくになった後の自分を

事務所でどうすっきりさせるのかも

考えておかなくてはね。

普通に考えると、

着替えを前の日に準備しておくとかも

必要なのかな。

サラファインみたいな歩くための服も

必要なのかな。

そういうの、作りたいなーという方向に

頭が動きます。

パルレシフォンの運動ライン。

(スッポーツライン、と表現するのが

なんかこそばゆい。笑)

 

家に帰って走るというのは

週に2,3回というペースで

どうにか続いているのですが

そのままの服でというのが

ネックになりつつあります。

 

これからの汗をかく季節には

ますます難しいことになりそう。

動きにくい服で走るのはしんどいことに

ようやく気づき始めたのです。笑

で、このところは、

着替えて走るようになってます。

でも、それも走る習慣の一番最初のところが

どうにかついたからだと思う。

相変わらずすごく短い距離のままですが

これもなんとかなるかな

という気がしてきました。

まだ、サボりがちなのは

走りにくい格好で走ろうとしているからかも。

ランニングウェアに着替えれば

走るのがそんなに億劫でないようにも感じてて

その辺りの工夫も重ねていこうとしています。

 

本格的なランニングをしているわけではないし

ただ会社まで歩いていこうとしているだけ。

でも、動きやすく、軽やかで

汗を吸収して乾かしてくれる素材の方が

気持ちいいに決まってる。

かっこいいスポーツウェアは

ちょっと恥ずかしいけど

地味すぎたり安っぽいのも嫌。

なんてことを考えながら

ちょっとだけかっこいい

普通っぽい運動用の服を

作れたらいいなって

ちょっと思い始めています。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

日々コーデとスリムパンツ

 

コロナ。

すごいことになっているようです。

今回は全国各地で。

 

東京も増えてますが、

嬉しくなって浮かれて遊ぶと

こういうことになるよ、と

ひと足先に他府県に見せられて

ちょっとびびって、

今回は東京ちょっとマシかも と思うのは

甘いのかな。やっぱり。

 

少しね、大丈夫なような気持ちに

なってたかもなぁ。

菌を持っていかなきゃ

いいんだよね、というのと

出かけた先でかかるかも、というのは

やっぱりなんか違う気もする。

 

引きこもってゴールデンウィークを

楽しむ作戦を立てなくてはでしょうかね。

あーーーーー。コロナめーーーーー。

 

とはいえ、日々の暮らしは続きます。

少しは上手になった

気持ちの対処の仕方とか

そのあたりにもまた磨きをかけて

粛々と参りましょうね。笑

 

 

今週はずっと

パンツについて考えています。

スカートは可愛くて

気持ちが上がるものですが

実用的、という意味では

パンツに軍配が上がります。

街を行く女性を見ても、

パンツをお召しの方の方が

比較的多いのですよね。

 

毎日着る服を考える時に、

ボトムが変化していくことで

日々のコーディネートに

少しずつ変化をつけられると

思うようになっています。

同じものばかり着てる、と

自分で感じて嫌になっちゃうのを防ぐ

という意味でも、

気に入ったボトムをまずは選び、

日々変化させていくのは

なかなかおすすめです。

 

そこにサロペットタイプのものや

ワンピースを混ぜていく。

スカートとパンツを片寄らないように

配分していくと考えると

少しは悩みが軽減されます。

 

弊社の2大人気パンツは

STELLA(春夏)/STACIA(秋冬)の

スリムパンツと

VIVIEN ワイドパンツ。

 

実のところスリムパンツに関しては

スキニーデニムなどをはくことが多く

そんなに自分では愛用していなかったのですが

この秋冬に目覚めました。

やっと人気の理由を理解したのですよ。

 

 

デニムは、元気な時にはいいんだけど

やっぱり圧迫感が強くて疲れる。

そして、足の形が出やすいから

ちょっと太ったりするとすぐに

シルエットが変わっちゃう。

お腹周りもキツくなってしんどい。

それでも、カットソーのパンツと違う

布帛特有の素材感にこだわって

はき続けておりました。

 

この冬、たまたま

STACIA の一番大きなサイズを

はいてみて、あれ?よくない?これ?と

今更のように気づいてしまった。

今まではひとつ下の

LADY M サイズをはいてたのですが

私にはひとつ上のサイズの方が合ってたみたい。

死ぬほど楽ちんだし、暖かいし。

それに、シルエット、このサイズだと

思うようなラインが出るじゃないか。

 

 

ということは、

もうひとサイズ大きなサイズが

あってもいいはずってことだよね。

(Saya がもう少しきれいに

はけるサイズがあってもいいよね。笑)

 

とにかく、身体が楽。

そして、シルエットが絶妙にきれいに出る。

足の形は思うほど出ない。

けど、1日はくとやっぱり膝は出る、とか

はきながら色々検証して

お腹周りはやっぱり出せないというか

普通の人は出さないようにしようねって

そういうことも、着こなしのコツとして

お伝えしていこうと思ったり。

 

まだ、冬用の素材で

東京の4月は大丈夫ぽい。

 

これに関しては、

ほっそりとしたお嬢様もしくは

スーパーモデル並みの

スタイルをお持ちの方以外は

「お腹周りが隠れるトップス」を

合わせるのが必須なので

そういうアイテムを

もうちょっと強化したい

気持ちになっています。

 

ありがちなスタイリングですが

これは、なくならないな。

いつまでこの流れは、と思ってたけど

もうずいぶん前からこういうスタイルは

続いていて、なくなりません。

自分でも好きでやってるんだし

 

それでも、腰が隠れる長さに

膝丈のワンピースや、

今年はかなり長いスカート、

ワンピースにパンツを重ねるという

スタイリングも散見されて

ますます着こなしの自由度は上がりつつ

その中にも、今の空気感は確かにあるので

その辺りの塩梅には気をつけながら

ご提案していけるといいな。

 

家の中や近所で着るにも

すごくいいと思うので

今年はことに、そういう用途のものを

もう少し増やしてもいいかも。

間に合うかななんて考えております。

 

どういう形がいいかなと思案しつつ

それぞれのキーアイテムに関しては

販売するページとは別に

丁寧で詳しい解説付きの

ご提案ページを作りたいものだと

考えたりしております。

 

さて、キャラ設定に悩むサチコの

気まぐれセール

 

 

マリさんもサチコも、

タイミングよく、その季節、その時期に

欲しいもの必要なものを

上手にピックアップしてくれていて

いつもさすがやねー と感心しています。

今週は気持ちが華やぐ

リバティプリントのアイテムなどが

集められています。

ぜひ覗いてみてくださいね。

 

ついつい、文章の方に気を取られて

何が特集だったかうっかりしちゃう。

いっけない いけない。笑。

サチコも普通に本物キャラに近い感じで

きっと大丈夫と思う。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

洋服屋の役目

 

今回の旅は、

中高年女性がほとんどに、

少し若い女性という構成の旅でした。

よく知ってる方々も

そうでない方々もいらっしゃいます。

皆さんの旅の装いを拝見していて

アパレルという商いの中でできる

私たちの役割というものを

ずっと考えていました。

 

もれなく、和装は映えます。

それは間違いない。

男性でも女性でも

日本人には本当によく映える。

特にほとんどの中高年には、

最強と言っていい装いと思います。

 

どこに行っても注目されるし

大事にされるし

これは可能であれば

ワードローブの最終兵器として

絶対にあり、と

小さいとはいえアパレルの人間が

それ言うか!?と思いつつ

本気でおすすめさせていただきます。

 

とはいえ、日常的に和装を

お召しになっている方は

こんなテーマの旅でもまだ少数。

そういう方々も、

いろんな理由で和装が厳しい時には

もちろん洋装で過ごされています。

 

和装が最強に見えるのは、

洋装がやっぱり難しいから。

年齢を重ねている中高年には

殊更に難しいのだということを

改めて旅の間中考えていました。

 

男性は、まだ、スーツを着ていると

そこそこ様になりますよね。

そう思うと、「着る」ことに対して

ある程度のルールというか型というか

そういうものがある方が

しっかり正しくかっこ良く

装いやすいのかもしれないなと思います。

男性の和装も

惚れ惚れとするくらい素敵ですもの。

 

ただ、男性も、スーツを脱ぐと

途端にあらー、となる人が

結構多いのですよね。

カジュアルでかっこいいのは

なかなかハードルが高い。

 

なぜ難しいのか、というのを

ちょっと考えてみました。

 

若いうちは、何を着てても

どんな格好をしてても

それなりに可愛いしかっこいい。

 

若さの勢いで、なんとなく様になる。

数日前のブログにも書きましたが

洋服を「着る」ということには

さほど約束事もなく、

自由に着ることが

社会的にも認識されてて

練習せずにたやすく着られるから。

 

「着物警察」みたいな人も

洋服にはいませんからね。

(電車の中で帯結びがおかしいと

指摘されたりしたら泣くと思う。

リアルにいらっしゃるそうです。

怖すぎる。)

 

若い勢いのそのままで

年だけ重ねると

洋服を着るということに対して

あまり深く考えず練習せずに

過ごしてしまうことになります。

 

毎日毎日のことなのに

毎日毎日のことだから

忙しいのにそんなことに

いちいちこだわってなんていられない。

そういう方も多いのかもしれません。

 

おしゃれが好き!という人は

誰に言われなくても鏡の前で

自分に似合うものや

自分が好きなものを

ああでもないこうでもないと

それこそ子供の頃から

取っ替え引っ替えやってるもんです。

そういう人は歳を重ねようが

どんな状況だろうが変わらず

ジタバタと鏡の前でやってるし

納得のいくポイントが独自にあるので

アドバイスなどきっと無用なのです。

 

こんなん、どう?いいでしょ?って

おすすめして、気に入ってくだされば

うんうん、いいやん、でご自分なりに

素敵に着こなしてくださいます。

 

ファッションに

興味はあまりないのよね、という方や

よく分からないわ、という方が

迷われているのかもしれないと

ちょっと思い始めています。

 

毎日のことではありますけれど

あまり興味がない、

あまり得意ではない、という場合

若さでどうにかなっていた部分が

歳を重ねると、

どうにもならなくなっていきます。

 

若い頃と同じ服は似合わないけれど

他にどうすればいいのか

よく分からなくて、

自分の年齢の女性ならこんな感じと

言われる店や

言われるものを選んでいる

もしくは、若い頃に好きだった

似合うと思われた服を

変わらずに選んでいる。

 

それで、別に問題ないなら

口出しする必要もなく、いいんです。

でも、ほんと、

どうしたらいいか悩んでるの、という方に

何か答えを届けられるなら

それができるといいな と

そんなことを考え始めました。

 

私は社会を動かすようなことはできないし

さほど頭がいいわけでもないし

大きな企業でバリバリと

部下を動かすようなこともできないけれど

 

美人でもスタイルいいわけでもない自分を

少しでも良く見せるにはどうすればいいか

 

これに関してだけはずっとずっと

頑張ってきました。

何せコンプレックスの塊でしたからね。

頑張っても綺麗な顔にはならないし

顔はどうやったって小さくもならない

頑張っても足はまっすぐにも長くもならない

鏡の中の自分と戦い続けてきました。

 

そして、洋服屋になってから

大人の女性のための服を

作り始めてからは

着て、こなさなくちゃ

いけないものじゃなくて

難しくなく、着るだけで

それなりに決まる服を作ることにも

時間をかけて取り組んできました。

 

背が低い、背が高い、

細すぎる、ぽっちゃりしてる

バストがありすぎる、なさすぎるなど

お客様それぞれのお声も

たくさん伺ってきて

できるだけいろんな体型の人に

きれいに着ていただけるものをと

考えるようになってきています。

 

ここをね、もっとね、

わかりやすく、手に取りやすく、

着心地よく、

これ着ると素敵に見えるやん、

これとこれ着るとなんかいいやん を

作っていけるといいなぁと

改めて思い始めています。

 

そんなん、大きなお世話です。

好きにさせといて、と

言われるかもしれんけど

どうしたらいい?っていう人に

こうしてみよか?と言えるブランドに

なっていけたらいいな。

そんなことを考え始めました。

 

理想は描けても

実際に形にするのは難しいぞ。

さて、さて、何を作り、届けていくのか

また今日も頭と手を

どんどん動かしていこうと思います。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

着る愉しみ

 

夜の着付け特訓で

へとへとになっております。笑

結論としては

一朝一夕でどうにかなるもんではない。

ほんとにね。いやはや。

腹を括って、

今出来る精一杯で挑むしかないな、という

いつも通りの感じであります。

 

へとへとだけど、楽しいの。ほんと。

「着る」というただそれだけのことなのに

なんでしょうか、これは。

 

難しいからやりがいがあるというか

ちょっとうまくいくと嬉しいし

うまくいったと思ったら

やっぱりあかんやん、がっかり

だったりするし。

 

洋服には形のデザインが数限りなくあり

アイテムも様々あり、

それが刻々と変化し続ける、という

難しさがありますが

子供の頃から毎日毎日毎日

鏡を見て、とっかえひっかえして

こういうタイプのものが似合う とか

こういう風に着るといい感じ とか

数限りない練習を重ねてきているから

それなりに着られます。

そもそも、「着る」ということだけなら

そんなに難しいものではない。

Tシャツとゴムのパンツとか

秒で着られるよ。超簡単。

 

着物も毎日着ていれば、

そんなに大変でもなく

着られるのでしょうし、

こうするとちょっと

顔が小さく見えるとか

衿が決まるとかそういうコツも

毎日やってれば

身に付いていたことでしょう。

浴衣みたいなものに紐を括るだけなら

秒で着られるのかもしれません。

履くものも、下着も、

雨の日対応グッズも

自然に揃っているのだろうし

TPO に合わせていろんなものが

あることでしょう。

 

要するに回数なんだよなぁ。

 

どちらも着ようとすると

いろんな「もの」の量が増えます。

 

洋服でも、「喪」のシーン用に

服、靴、バッグ、ストッキング、

アクセサリー と

一気にそれなりに揃えようとすると

すごい金額にもなるし、

純粋に「もの」の量も増えます。

一定のシーンにしか使わないものでも

そんな時は、心を尽くしたい

礼を尽くしたい時でもありますから

軽々しく考えられるものでもありません。

 

洋服も、着物も、

生活を愉しくしてくれるもの。

若くなくなっていく自分が

どうでもいいよ、って感じに

どんどん老けていくんじゃなくて

鏡の中で少しでも、

いい感じに見えると

その嬉しさは倍増です。

 

輝くばかりに可愛いとか美しいとか、

そういうのはやってきたんだよ、多分。

そんな自覚は全くないけど、

今の自分があの頃の自分を見たら

そうだったんだよね。

きっと眩しいよ。肌とかぱーんとして。

いつの間にかそういう時代は

終わってしまいました。笑

今さら求めてもしょうがないし

取り繕ってどうにかなる

そういうレベルの時代も過ぎました。残念。

 

でも、だから、毎日毎日頑張ってる

自分のことは

甘やかして大事にしてあげましょう。

自分しかそんなことしてくれないし

自分に余裕がないと

人を大事にしてあげることも

なんだか難しくなりますもの。

 

かさかさの手には

たっぷりクリームをぬって

丁寧に擦り込んであげるとか

その程度だけど

大事にしてあげよう。

新しく買ったけど、微妙っていう服を

今のトレンドだからと無理して着るより

10年前のものでも

気に入ったものを着て嬉しい気持ちを

大事にしよう。

くたくたになっちゃってても

最高に着心地のいいものを着て

あー気持ちいいんだよなこれ って

笑顔になることを大事にしよう。

 

上手に着られなくても

着物を着ようと

悪戦苦闘している時間そのものの

愉しさを満喫しよう。

 

考えてどうにかなることは

考えなくちゃいけないけど

考えると辛くなることばかりを

考えるのはちょっと置いておいて

今の自分を笑顔にしてくれるものに

フォーカスしていることにしましょう。

 

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

おしゃれ作戦

 

しっかりした雨が降ったり

風が吹いたり。

からりと晴れた日が

安定して続いていた冬から

季節がそろりと動き出しているのが

目に見えるような毎日です。

 

ウールのコートやダウン、

そしてセーター類は

そろそろ洗濯とクリーニングの

算段をはじめましょう。

着るかも、と思ってひと冬

キープしておいてみたものの

袖を通さなかったものは今度こそ

処分することを決意しなくては。

 

きゅっと畳んでしまってある

春と夏の服は少しずつ外に出します。

シワシワのままだと悲しそうなので

ハンガーにかけて息をさせると、

本来の姿が少し戻ってきて

アイロンまでできると

しゃんとした姿になります。

さて、この子をこの夏も

嬉しい気持ちで着られるかしら?

今年はもう一度このタイミングで

考えてみることにしようと思っています。

 

出来るだけ枚数を減らしてみたい。

服が大好きだし

愛着のあるものも多いのです。

年齢や体型の変化とともに

似合わなくなったもの(自分比)

素材の肌ざわりやサイズの違和感で

着ていても気持ちが落ち着かないものは

高かったとか、まだ新しいとかの理由は、

認めないことにできるといいんだけど。

 

1枚ずつの服がとても大事にされてる

見通しのいいクローゼットが

実現できますように。

 

この春入荷してきたものの中から

早速ゲットしたものです。

 

 

バックリボンプルオーバーの

MOLLY (BLACK LADY M)と

ワイドパンツ VIVIEN (NAVY LADY M)。

 

このトップスに合わせる

筆頭のボトム候補をあと二つ

このボトムに合わせる

筆頭のトップス候補をあと二つ

イメージしておくだけで6通りの

コーディネートが準備出来ます。

 

何にでも合う、とは言っても

やっぱりこれに合わせるのが

すごーく好き!と思える組み合わせの方が

着ている自分は嬉しくて自信が持てます。

 

微妙なスタイリング、と思いながら

出かける必要は全くないのですよね。

 

これとこれを合わせた時には

靴はこれが一番映える、

アクセサリーはこれにしよう、と

ある程度のコーディネートの定番を

作っておくことで

いつも納得のいく

気分のいいコーディネートで

時間をかけずに出かけられます。

 

ということに、この冬わたくしは

気づいたのでした。

 

なので、この春と夏は

そういう定番のコーディネートを

どうかな、10-20通りくらい?考えられると

すごくいいな、と思ってます。

同じ格好をしてるのが2週間に1回なら

気にならないでしょう?

 

私はこの冬週1で同じ格好してることも

よくありましたけれど

自分がちょっとでも良く見えると

自分で思えるものは

実のところ毎日でも着ていたい。

 

服がへたるし、

最初は新鮮に思えた着こなしも

度重なるとそう思えなくなるので

流石に毎日は着ませんけれど

それでも、頻度は高いと思います。

昔っからそう。

 

スタイルがいいわけでも美人でもないと

いいやん、似合うやん、と思える服や

本来よりもスタイルアップして見えたり

ほっそり見えたりする組み合わせが

たまたま見つかると奇跡みたいに思えます。

 

その打率を上げていくのが

パルレシフォンの服の目標かな、と

思い始めています。

 

365日違うコーディネートで

素敵に装うおしゃれさん になる

時間とエネルギーの余裕は

とてもないから。

(洋服屋の意見がそれでいいのか!?)

 

気に入った服をいっぱい着る。

その都度大事に手入れして

惜しまずにどんどん着る。

 

だから着ていて気持ちのいい質感や

着心地のいいパターンや

美しく見えるシルエットには

こだわって作っていこうと思います。

 

会社に行く時の服

誰かに会う予定のある時の服

ちょっとおしゃれしたい時の服

雨の日の服

 

季節は移っていくので、

それも少しずつ変化させながらですね。

今ならまだアウターが必要ですが、

そのうちに軽い羽織だけで良くなるし

ロンT1枚で出かけられる日々がきて

そして半袖、から暑い暑い季節へと。

 

何を着ていこう と毎朝クローゼットの前で

ため息が出そうな気持ちで悩むのではなく

おしゃれを楽しむ心持ちで

鏡に向かう、と決めました。

 

毎日毎日鏡の中の自分は

歳を重ねていくんだけど

なんて言ってもそれでも、

その瞬間が一番若いんだから。ね。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

ヘアスタイル

 

休日前の夕方に駆け込んで

白髪染めとカットをしてもらいました。

 

わたしの白髪は主に

顔の周りに出ますが

これは、おそらく遺伝。

 

後ろに出る、とかなら

気にならないのだろうけれど

鏡を見るとわかりやすく目に入るので

伸びてくると気になりまくります。

 

このところしばらく、髪の長さは

ロングをキープしています。

多少カットをサボっても

まぁまぁ大丈夫なのだけど

いかんせん、白髪は待ってくれません。

我慢の限界を迎えるのが1ヶ月半。

そのくらいのペースで美容師さんの

CINDY にお世話になってます。

 

CINDY は元々は娘がバイト先で

知り合ったという人。

CINDY という呼び名は

以前お願いしていた

グラフィックデザイナーの

TOKOちゃんが勝手に呼び始めて

本人もそれが気に入った様子だったので

身内ではそう呼んでます。

多分 PCI まわりだけだと思う。笑

 

弊社のカタログ撮影時のヘアメイクも

しばらくお願いしています。

祖師谷大蔵付近で

活動なさってるので

ご近所さんでもあります。

 

髪型 というのはとても繊細で

大事なもの。

髪は女の命っていうのも

うんうん、だよねって深くうなづける。

 

自分がどう見えるか の

大きな部分を握ってるのが

ヘアスタイルだと思います。

 

思うようにカットしてもらえず

思うような髪型にならない時ほど

イラっとすることはなくて

変な髪型にされた日にはもう

絶対に、2度と行かない、と半月くらい

恨み続けることになる。

 

そういう意味では

相性がいいのだと思います。

志向する方向を察知してくれるうえに

それを具現化する技術がある。

やめたほうがいいことをしたがると

止めてくれるしやってくれない。笑

 

固定された美容室で

働いていらっしゃるわけではなく

祖師谷と成城と2箇所のサロンを拠点に

鏡を借りて営業するスタイル。

そういうのがあるんだね、というのも

彼を通して知ったこと。

 

そしてヘアスタイルには

定期的なメンテナンスが必要だから

近所で、駆けこめる というのは

ほんと貴重なものだと思ってます。

(いつもありがとうねー)

 

こういうのも、結果、「人」なんだな。

信頼できるかどうか

この人にお願いしたいと思うかどうか。

髪質も、好みも把握してもらってて

ご縁がある限り多分

お世話になるのだろうと思います。

 

さて、このロングのヘアスタイルが

どのくらい続けられるか

実はちょっと思案してます。

ずっと続けようと思ってましたが

どうなの?それ、大丈夫?と

にわかに不安になってきたのは

シワシワたるたるの顔とのバランスに

違和感を感じてきたから。

 

さて、どうしようかね。

 

短くする気は全くなくて

長さはあって欲しいのだ。

 

島田順子さんみたいな

アップスタイルにも憧れるけれど

自分でやってみても

どうもしっくりこないというか

うまくアレンジできません。

見慣れてないから違和感もすごいし。

 

アナ・ウィンターみたいなボブも

素敵やなーと思うけど

前髪が似合わないうえに

あんなに小さな顔ではないしね。

 

グレイヘアにも憧れてる と

何度もアピールしてるけど

わたしのこの白髪の出方をみてると

きれいなグレイヘアにはならないから

やめておけ、と言われます。

 

しばらくはこのままなんだろうけれど

このままでいいんだろうか は

悩ましい。いやはや。

 

歳をとるというのは

いろいろと厄介ね。ほんと。

 

少なくとも今のところ

毛量はキープできているようなので

朝晩のブラッシングはせっせと

欠かさないようにしよう。

 

さて、smile sale 第2弾に

たくさんのご注文をいただいており

心から御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

生産ペースがゆっくりでしたので

いろいろと思案のうえ、

初めての試みでしたが

2回に分けさせていただきました。

まだまだおそらく寒い日も続くので

お召しいただけるものが

たくさんあるかと思います。

”わー 嬉しい!”と思っていただけるものを

お届けできましたら幸いです。

どうぞ引き続き、

よろしくお願い申し上げます。

 

本日もお越しいただき

ありがとうございます。

今も最前線で戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様に

心からの感謝を!

 

 

 

 

 

pagetop