大人ジャケット

 

大人のジャケット選びは

なかなか難しい。

 

かちり、とした

テーラードのジャケットは

かっこいいのだが

厚みの出てきた身体には

いささか背中や腕まわりに

厳しさを感じたりもして

ストレスのかかるアイテムなのだ。

 

どんなジャケットなら嬉しいかなって

考えて作ったのが これ。

 

ロングジャケット  SUSY

 

素材は悩みましたが、

やはり伸びるものを選びました。

腕の付け根や背中あたりに

圧がかかると気持ちがしんどい。

後ろ姿がどうなってるかと

想像するのも悲しくて嫌。

 

そういう経験を何度もしているので

やわらかく身体の動きに

添ってくれるものを

選ぶことにしました。

 

でも、これはカットソーではなく

布帛なんですよね。

皺になりにくく、

縦にも横にも伸びます。

撥水加工もされているので

雨や汚れにも強く

ジャケットだけど

おうちで手洗いが可能です。

 

新しいスーツ素材として

注目されている

そういう機能性素材を選びました。

 

同じ素材でパンツとスカートも

ご用意したので、スーツとしても

お召しいただけます。

 

そして、デザインですが、

今回は、腰回りが丸っと隠れる

長めの着丈で作りました。

ほっそりパンツと合わせても

バランスよくお召しいただる長さです。

 

衿なしで、フロントラインは V、

ひとつボタンがついています。

肩から身頃にかけてはすっきり

華奢見えするように、

裾に向かって少し広げて

横から見たシルエットも

愛らしい印象に仕上げました。

 

後ろにはセンターベンツ

袖はシンプルにまっすぐほっそり

両脇にポケットもあります。

 

きちんとジャケットに見えるけれど

極力シンプルなデザインです。

さまざまなものに組み合わせやすい

きれいなシルエットになりました。

 

パンツなら、ワイドでも、スリムでも

スカートも、ボリュームがあっても

タイトでも、似合うと思います。

 

スーツとしてお仕事の時に

ワンピースに羽織ってフォーマル時や

きちんとしつつ華やかさが必要な時に

スキニーデニムに合わせて

大人っぽいカジュアルウエアに

 

ジャケット というアイテムを

仕事着としてだけじゃなく

おしゃれアイテムとしても使えるように

考えて作った1枚です。

 

あぁだこうだと言いながら

あまり必要になるシーンがなく

このところ入手してないのですけれど

これは着てみたいなって思ってます。

 

どんなふうに着られたかなど

またレポートしていけるといいな。

 

まだまだ寒くて

軽やかなファッションのことは

想像するばっかり。

とにかく暖かなものと

手袋、マフラーが手放せない毎日です。

風邪ひかないように

気をつけなくちゃだし

しばらくは、まだまだ

冬のファッションを

どうせならいっぱい

楽しんでいきましょうねー

 

***********

今日の処分もの no. 7

 

ヨガマットとヨガブロック。

昨日書いてたやつです。

別々にしたら2日分、と

せこい気持ちにもなりますが

痩せ我慢してまとめてひとつに。

いつの間にか7つ目だ。

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

毎日何を処分しようか

何を処分できるか考える

時間ができてます。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube

冷たい雨の日

 

週末に実施していたお年玉企画、

とてもご好評をいただいたようです。

良かった良かった。嬉しいです。

不肖わたくしがプリントアウトされて

裏向きになっている受注票から

目をつぶって3枚引く、という

非常に原始的な方法にて

先ほど、厳正なる抽選というやつを

させていただきました。

ご当選のお客様には

追ってスタッフより

詳しい説明つきのメールが

届くかと思います。

おめでとうございます!

 

さて、今日の東京は雨。

今年の冬は雨が多い気がする。

そして、とても寒い。

(世田谷区在住限定体感)

 

こういう日は、とにかく

身体が濡れずに動きやすい服装で

そして暖かく、ストレスなく。

 

今日は長靴、と決めました。

パンツはスキニータイプのボトムを

長靴の中に入れる ということは、

ヒップの隠れる長さのトップス着用。

で、手持ちの中ではこの組み合わせね と

決まっているコーデで。

決まってると、悩まずにすむので

朝の服選び時間が心穏やか。

 

 

今シーズンは、すでに3回くらい

雨の日に着てる格好。

 

大きめのトップスに

スキニーパンツ っていうコーデは

いつまでも無くなりませんねきっと。

雨降ってなくても

身体が疲れている時なんかにも

着たくなることもよくあるから

楽なんだなぁやっぱり。

 

ゆったり腰回りが隠れるトップスで

暖かいものがこれ一択。

友人のブランドのものですが

もう3年以上着てるんじゃなかろうか。

こういうのは長く着る確率が

高くなる傾向にあるから

1枚は必要なアイテムなんだ。

やっぱり作りたい、と思いつつ

なかなかどんぴしゃのものが

作れずにいるけれど。

今年の秋こそは、ぜひね

作りたいもんです。

 

いつもはデニムにするんだけど

太りすぎててギブアップ。

(なんてこった!!!)

楽ちんすぎる stacia をはいて

この優しい暖かな着心地は

癖になりそうでまたやばい と

危機感を感じてます。

デニムに戻らなくては。

 

これにファーのベストを重ねたり

ライトダウンを重ねたりして

上からベンチコート風の

長くて雨に濡れないコートを着ます。

(クローゼットがコートだらけなので

今年のIRINA は結局断念したのだ)

 

雨が土砂土砂降ってる寒い日は

新しいトップスを導入したとしても

基本的にこれからも

こういうスタイリングになる予定です。

歩くのが下手すぎるので

膝から下を濡らさないようにと思うと

これが一番単純で気が楽なのですよね。

 

イラストを見てると

16歳くらいから、多分70歳でも

こういう格好は大丈夫に思えたりして

そういうところにも

ヒントがあるのかと考えます。

 

本日も、お越しいただき

ありがとうございます。

 

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube

アウトドアとファッション

 

すごい雨が一晩中降っていました。

朝起きても、雨は続き、

家を出る頃に上がりました。

 

東京の予想最高気温はなんと19度。

結構暖かい。

でも、夜になると冷え込むとのこと。

うーむ。

 

今日は1日外回りの予定です。

しっかり歩けるように

足元は Nike のスニーカー

ストレッチテーパードパンツ

Blairをはいて、

トップスは1番下に

コットンの Vネックプルオーバー

Jeremy を着て、

丸首のセーターを上から着ています。

昨日までなら、

これだけだと寒かったけれど

歩く=運動量が多くて

汗をかく場面も多い予定ということで

この上にマウンテンパーカ Mic を

羽織っただけで出てきました。

 

リュックサックの中には

ユニクロの薄くて軽い

カシミアストールと

ウルトラライトダウンを

付属の小さな巾着に入れて

ニット帽と手袋も準備。

これで寒くなっても大丈夫です。

 

山登りの知識を仕入れるうちに

普段の洋服選びにも

少し影響が出てきました。

快適に過ごすには

レイヤード(重ね着)で

温度調節をするのは

かなり有効ってことで

持ってるものの範囲内ですが

いろいろ試しています。

 

暑い、寒い、というときに

対応できる準備があると

とても心強い。

車でブン と移動してると

車に乗ってしまえば

暑いのも寒いのもエアコンで

解決されてしまうけれど

歩きで1日過ごすと思うと

注意深くなります。

自分の足で歩き回るのには

病みつきになる楽しさがあって

足腰が鍛えられる実感も嬉しい。

どこまでも歩いていけるような

感覚はとても軽やかです。

 

車には車の醍醐味。

徒歩には徒歩の醍醐味ってこと。

運転も好きだから

車で移動するのもやめないし

ガンガンと歩ける身体を

作っていきたいとも思います。

 

で、荷物を軽くすることを

必死で考えてたのが

今180度方向転換。

10kg 担いで山に登り

テント泊して、縦走する

そんな登山を目指すなら

重い荷物を担いで

歩き回れる体力が必要だから

荷物は重くていいのだ。

ってことで、

今までならコンピューターがあれば

問答無用で車 だったけど

よしよし、と思って背負って

歩き始めてます。

水のボトルも、だから

重くてもいいと思って

選ぼうかな。

(まだ買ってないんかいっ)

 

歩く日にスポーティな

ファッションを楽しむので

車移動の日には

きれいめのものを

意識して着るようになりました。

めりはりがあって、

それはそれで楽しい。

 

本日もお越しいただき、

ありがとうございます。

ハードすぎない

大人のアウトドアウェア的なものも

作りたい気持ちになってきますねー。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

猫がいると

 

仕事に集中できない。

 

キーボードに乗る

モニターの前から動かない

書類をかじる

書類の上に寝そべる

挙げ句の果てに

背中に爪を立てられて絶叫&流血。

 

頼むよ。

勘弁してくれよ。

 

まだご飯の時間じゃないし

遊んで欲しいのかい?

かまって欲しいのかい? 泣

 

ちょっと静かになったと思ったら

遠くの部屋から怪しげな気配

と思った瞬間に何かが落ちる音。

そして2匹で大運動会が始まり

途方に暮れます。

 

集中したい zoom 会議があり

午後に自宅に戻って仕事の日。

会議中はおとなしくしてたものの

コンピューターに向かい、

書類を広げると

あぁそうだった となりました。

 

仕事場があってよかったよ。

ほんと。

 

毎日なら慣れるのかな と考えて

いつもいないはずの人がいて

リズムを狂わされて

機嫌が悪いのかも と気づきました。

 

夕方まで帰ってこないよね

静かで安心って思ってたのに

なんだよって感じかしらねぇ。

ほんとごめんよ。

 

 

口を利くわけではないけれど

家族だと感じてます。

家にいて、待っていてくれる存在に

救われている何かがいっぱいある。

 

人間でなくても

彼らには彼らの都合も感じ方も

あるのだろうな。

人間の都合だけを押し付けるのは

やっぱり理不尽なことだよね。

 

水と餌と快適な温度と

清潔なトイレと安全を

確保したことと引き換えに

この小さな家の中が

全世界になってしまった彼らが

幸せでありますようにと願います。

 

外にいたら、とうの昔に

消えてしまっていたかもしれない命に

ご縁があった幸せに感謝して

一緒にいられる時間を

大事に大事に過ごそうと思っています。

 

 

ペットが欲しいな、と思われたら

どうぞ、保護活動をなさっているところに

連絡してみてくださいね。

犬も、猫も、家族を探してる子たちが

いっぱいいます。

縁が繋がれば、かけがえのない存在に

なること間違いありません。

 

さて、海外のミニマリストさんの

動画に影響を受けて、

色別に並べてみました。

これ、私の今の1軍ワードローブです。

1軍? はい。笑

できる限りすかすかにしておくと、

選ぶのに迷いがありません。

捨てたわけじゃなくて

着るかな?と迷ったものは

別のところにしまってあり

やっぱり必要、着たい、となったら

出してこようと思っています。

 

 

色別に並べるのは、

とても使いやすいです。

スカート、パンツ、と

アイテム別に分けようとしてた時より

発見までの時間が圧倒的に短くなり

戻すにも迷いがなくなりました。

このゾーンに絶対あるはず、と

分かりやすく見えるのですね。

結構おすすめです。

(それにしても地味すぎないか?)

アウターは

別クローゼットにかかってるので

ここにはパンツ、スカート、

トップス、ワンピースなどの

アイテムがかかってます。

 

ここに、レパードのスカートとか

コーデュロイのスカートとか

ヘリンボーンのパンツとか

プラスされるかも。

トップスも、sugar の色を選んだり

欲しいなと思ってるもの、

事務所でいろいろ試着してから

決めようと思ってます。

 

そして、つい先日からですが、

着たものの回数をカウントはじめました。

Tシャツもセーターも、パンツも

靴も、何回着用してるかを

測ってみようと思ってます。

(続くといいんだけど。)

 

そして、大人のおしゃれについて

12/1(水)  明日の夜 21:00から

stand fm の中の

オトハルラジオ で

お話しさせていただいてます。

1軍についてのお話もここで

ちらりとしています。

洋服選びに迷ってしまう時に

何かのヒントをひとつでも

見つけていただけると幸いです。

 

 

スマホのアプリで

stand fm というのを

ダウンロードしていただき、

オトハルラジオを検索していただくと

出てきます。

アーカイブも残るので、

放送後であれば

いつでも聞くことができます。

よろしければ、どうぞ、

聞いていただければと思います。

 

本日もお越しいただき、

ありがとうございます。

ちょっと緊張しながらでしたが

ラジオの収録といっても

zoom 会議と変わらない感じでした。

音声メディアもいろいろですねー。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

靴を選ぶ

 

夏のスポーツサンダル祭りが終わり

さて、何を履けばいいんだっけと

靴クローゼットの扉を開けて

予想していたものの

あまりの貧弱さに絶句。

 

1年通して履いている

Dansko のサボは、まぁ履ける。

スニーカーは一応 4足ある。

 

1. 2年くらいかな?履いてる

Nike の Air Max

デザインは実は微妙と思ってるけど

真っ黒で、背が高くなるバランスと

Air Max の歩きやすさに惚れ込んで

一番今履いてる回数が多い。

 

2.  4年くらい履いてる

adidas の stan smith

外側の皮が固いんだよなぁ

というのが、

登場回数が減ってる理由。

背が高くなるスニーカーを履くと

ペタンコで物足りない気持ちにも

なってるのだと思う。

 

3. 同じく3、4年履いてる

New balance のスニーカー

可もなく不可もなく、

Air Max を休ませるために

履くことが多い。

軽くて楽で問題ないけど

これも背が高くならない

足が長くならないのが物足りない。

 

4. おそらく10年以上履いてる

New balance のスニーカー

これは、もうインソールなんて

ペタペタなんだけど、

歩く、走る、に関しては

圧倒的に馴染んでて楽なので

どうしても捨てられないやつ。

 

スニーカーに関しては

こんな感じ。

 

歩いて会社に行くようになって

つらい靴を我慢できなくなってきて

必要だったり好きだったりする

靴の種類がガラリと変わりました。

 

Camper の 黒いローファーが

2足あって、1足はボロボロだけど

足に馴染んでて楽

1足は新しいけどまだ硬くて

長時間は無理。

 

黒タイツで、スカートで

少しおしゃれして

出かけたい時などの足元は

ローファー一辺倒です。

パンプスのイメージも

なんだか違う気がして

そして、足が痛くなるものは

もう我慢する体力もなく

しっくりくるものが見つかるまで

ローファーでいこうと思ってます。

 

で、雨用の Blundstone。

以上。

 

え!? まじか。

大の大人が

こんな感じで良かったんだっけ?

 

5cmくらいのヒールがついた

シンプルなデザインのショートブーツは

どうしてもちょっと痛いのと

好きな感じのスタイリングに

思うように馴染まなかったので

会社に持って行きました。

撮影とかインスタライブに使ってます。

 

で、どうする?です。

 

基本的には、足元には

少しボリューム感のある

ゴツい感じのものが好きなのですね。

こればっかりは好みの問題なので

どうしようもない。

 

普通にきれいなレースアップの靴や

シンプルなパンプスとかだと

なんだか恥ずかしい (なぜ?何が? ) 。

そうすると

なんとなく気持ちも上がらないので

そういうのは、もう

無理しなくていいかなと思ってます。

 

好きなものを好きなように

着て、履いて、それでいいよね。

 

で、TOGA PULLA の靴とかが

ほんと全部大好きっ!!

ってくらい好きなんだけど

(こういうのね。)

 

(写真はzozoから)

 

お値段が、気軽に買える感じじゃない

→ 足を入れて試着してからだよね

→ どこにいけば在庫があるんだろう?

→ 試着したら買わなくちゃダメ?

→ いつ行くの?

そもそも資金はどうするのだとか

延々とループで考えて

なかなか手に入れるところまでの

道のりは遠いのです。

 

そしてこの履き口が細い+ちょっと長い

ところからぱつぱつな感じで

短い+O脚のふくらはぎが出て、

そもそもいい感じなのか問題。

(だから絶対に試着したいのだ)

 

こういうの、買っちゃう時は

履いた時の感じがイメージ通りで

可愛くて絶対欲しい!ってなって

えいやって買っちゃうのだと思うので

ぐずぐずしてる間は

まだなんだろうなと思ってます。

 

で、現実的な解決法として

先日明治神宮前の Nike に

今気に入って履いてるみたいなの

あるかな?と思って行きました。

1日はいたら1日休ませる主義なので

同じようなのが

もう一足欲しくなってきたのです。

 

お目当てはこれ

(写真はNikeサイトから)

 

でも、見当たらない。

あるのはこっち。

 

(写真はNikeサイトから)

 

ソールが透明なのはあり、と思ったけど

Nikeのマークが白で縁取りされていて

なんか印象違う。

黒タイツで履いて、足が真っ黒になれば

シックな方向にギリギリ持っていけるけど

白が入るとスポーティな印象が強くなり

イメージが変わってしまうのです。

(ってわたしが思ってるだけ)

他にあるのはソールが白かったりして

今回は思うようなものが見当たらず

あっさり諦めました。

 

帰ってきて調べたら、

欲しいのはもうサイズがないようです。

あー。そうだったか。

早めに買っておくべきだったか。

 

こういうのも、うっかりしてると

欲しいものは手に入らないんだと

学習しました。

けど、そういうのもタイミングと

ご縁なんだろうな。

 

今年は、今あるラインナップで

いっとけってことか。

登山靴も欲しいのだしね。

 

PEEP さんのこのドライビングシューズも

気になってたのですが

うっかりしてる間に

自分のサイズは売り切れてました。

 

 

これ、可愛くて軽くて、

足が超楽ちんですよ。(試着した)

 

ということで

チャンスがあれば、

TOGA のは、出かけた時に

どこかで履けるかも。

リアルなのはゴツくて引くかも。

欲しくなったら買っちゃうかも。

そんな感じの作戦で

スタートすることにしました。

(結局何も買わないってことじゃん)

 

バリバリのヒールが必要な時には

Jimmy Choo のがあるもんね。

って思ってるけど

しばらく出してない。

時々履いておかないと

だめになるよねきっと。

使わないと何でも痛むから。

家の中ででもちょっと履いてみよう。

 

こういう靴は家の前から車に乗って

現地でカーペットの上で履き替えて

数時間それで過ごす時限定って思う。

アスファルトの上とか

地下鉄の階段とかで

絶対履きたくない。

そもそも庶民の靴ではない。

でも、ひとつこれがあるだけで

大丈夫って思える

嬉しいお守りみたいな靴。

履いていけるようなシーンや場所が

またあるといいな。

 

本日もお越しいただき、

ありがとうございます。

みんな何履いていらっしゃるのかしら?

リサーチしたい気持ちでいっぱいです。

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

上半身バリエーション

 

週に2回歩いて会社にいくという

ささやかな目標も

何日か雨が降ったりして

うっかりしてると

すぐ週末になってしまいます。

 

このところはいいお天気なら

寒くもなく

暑くもなく

とても気持ちいい時間になります。

 

歩いて行く時には

リュックで行きたいのと

足元を気にしたくないので

歩きやすいパンツスタイルが中心。

 

基本的には気に入っていて

しっくりくるスタイリングなら

同じ格好をシーズン中に

何回しても問題ないと思ってますが

同じような上下で出かけるのを

ずーっと週に2回(以上?)繰り返して

ちょっと飽きてきました。笑

 

ボトムはね、まぁいいんです。

上半身が同じようなものばっかり。

Vネックのゆるっとタイプ。

大好きだからいいんだけど

いくらなんでも週に4日も5日も

似たようなもの、っていうのは

どうよ? です。

 

 

 

今年の VネックプルオーバーMia

去年の Vネックニット Renee を

とっかえひっかえ着ています。

上記写真で着用は、Mia black です。

タンクトップの上に着てた時には

ちょっとちくちくしてたのですが

長袖の Jeremy

下に着るようになってからは

全く気にならなくなりました。

で、予想通りとはいえ

びっくりするくらい毎日着てる。

 

今年のもの、他には

まだあまり入手していないから

朝の何着ていこう時間に

着るもののバリエーションが

少なすぎることに気づいて

いろいろ欲しくなってます。

(もう間に合わない。。)

 

長袖のゆるっとプルオーバーで

ボートネックのボーダーが

欲しいじゃないか。

 

シャツとかブラウスタイプのものも

何かもう1バリエーション

欲しいじゃないか

 

Tシャツで大きなシルエットのものが

欲しいじゃないか

 

と、考え始めるととても楽しい。

(くどいようですがもう間に合わない)

 

 

春一番の企画にねじ込みましょうかね。

 

気温が下がり始めてから

欲しくなるものは

暑い時期にはなかなか

イメージしにくいんだよなぁ。

 

きっともっと寒くなってきたら

今考えてるものでは

薄くて物足りなくなるのでしょう。

 

何年経ってもこれができない。

不思議なもんです。

気温の肌感っていうものは

その瞬間しか感じられないんだと

つくづく。

 

こうやってあれこれと

自由に考える時間は

子供の工作とか図工の時間と一緒。

楽しいだけです。

 

その後にくっついてくる

わっさりとした現実の作業や

かかる費用のこと

そもそも売れるかどうかの検証など

まだ何も考えない時が

一番楽しいです。笑

 

すっかり暗くなってしまった。

本日もお越しいただき、

ありがとうございます。

暗い時間が長い長い時期です。

 

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

おしゃれってさ

 

すごーくおしゃれな人には、見えなくてもいいかな。

おしゃれな人だね という風には見えたいかな。

という微妙なところ。

 

そんな風には見えてない日も

いっぱいあるかもしれない。

でも自分の中で「良し」と思ってからでないと

家の外に出ていく気持ちにはなれないから

ある程度のこだわりは大事にしているのです。

 

そもそも何をもって

「おしゃれな人」と思うのか という秤も

人によってそれぞれなのだから

定義は出来ないことなのだ。

 

すごくこだわりのあるおしゃれをなさってても

私の思う「素敵」の定規では

そもそも計れない場合もあり

おしゃれなさってますよね=真似したい

ではない時もいっぱいあります。

それが個性 というものかもしれません。

 

真似したい!と うっとりしても

ほっそりした長い手足と小さな顔があっての

スタイリングだったとしたら

うっかり真似すると

大火傷ってなことになります。

 

持って生まれた身体つきや顔立ちは

どうしようもないものだから

好きなところはアピールして

嫌いなところは上手に隠して

自分が思う「素敵」に

どうやったら近付くのかを

研究するしかないのです。

 

たくさんのシルエットの服を着て

たくさんの色の服を着て

たくさんの組み合わせを試して

鏡の前で過ごした時間の量だけ

ちょっとずつ自分の目指すおしゃれに

近づいていくのかなと思います。

 

どんなにうっとりする素敵な服でも

どうしようもなく似合わないものもあります。

色も、柄も、サイズ感も、素材も、

着ていて落ち着かないようなら

ハッピーなおしゃれにはなりません。

 

外から見た時にどんな風に見えたいか

だけじゃなくて

着ている自分の心持ちは

着心地に大きく左右されるから

そういう部分も大事なところ。

 

気になる二の腕が丸っと出てると

落ち着かないんだよ とか

気になるお腹まわりが上手にカバーされてると

嬉しいよね とか

 

なんかほっそり見える

なんか綺麗に見える

なんかかっこよく見える気がする

なんかすごく好き

 

それが、きっとあなたに似合う服です。

 

ひとつ、ひとつ、そういう服を見つけて

集めていきましょう。

 

何が自分にそんな風に感じさせているのか

そのポイントを見つけられると、

また似合う服を見つけることが上手になります。

 

すごく気に入っていて、

毎日毎日毎日のように着ていたものに

ある日違和感を抱いたら、

大好きだったよ、ありがとう と

手放すことを考えるタイミング。

 

よれよれになってて

みっともないのかもしれないし

時代が変わってしまったのかもしれません。

 

執着して着続けるのはちょっと危険です。

本当に大事なものなら

着なくても持っておけばいいのです。

 

手入れがされていることや

清潔であることは

おしゃれ以前の問題なので

手を抜かないように気をつけましょう。

 

何を着てたって

日々は普通に過ぎていくし

別に大きな問題じゃない。

でも、自分の思う感じいい雰囲気に

自分が仕上がっていると思えると

自ずと落ち着いていられます。

それは”自信”というものの、

大事なひとつの要素と思っています。

 

どこに行く、誰に会う

どんな時にも、自分らしくいられて

場に相応しく素敵に見えるものを

着こなせるというのは

かなり経験を要することです。

 

うまくいかないことも多くてね

無難なものを選んでしまいがちだけど

無難よりもちょっと背伸びしないと

自信ってものはついていかないのかもねと

そんな風にも思います。

 

服を着るのは毎日のことだから

時には手抜きもしながら

でも、楽しみながら

経験値を上げていく意識をしておきましょう。

 

少しおしゃれが上手になってもね、

体型が変わったり

歳を重ねるといろいろ変化も出てくるので

終わりはないんだよね。

それがまた楽しいし面白いってことで。

 

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

アイロン パンツ編

 

昨日はこうと思ってみたら

しわくちゃだった

ストレッチスリムパンツ。

 

 

シワにはなりにくい素材ですが

これは洗いっぱなしで畳んでいたので

この有様。

はいているうちに伸びるだろうけれど

このまま履くのはちょっとね

1日中気になってしまうと思う。

 

ということでアイロンです。

時々は、必要ない時もありますが

着るものが決まる前に電源を入れて

スタンバイするのが習慣になってます。

 

このパンツは、

ほぼ化学繊維でできていて

アイロンが直接当たると

溶けてしまうであろう素材。

でも、コットンのハンカチ1枚を

アイロンとパンツの間に挟むと

問題なくきれいになります。

うっかり直接触ることがないように

それだけは慎重に。

一瞬のうっかりで

着られない代物になったら

ほんとがっかりなので。

 

裾口、縫い合わせの縫い代など

表から圧をかけると、

当たりが出て、テカり、

それはとても気になるので

基本的には、アイロンは

どんな服でも裏からかけます。

 

そして例えばコットン100%のTシャツでも

縫うのに使われている糸は

通常切れにくいポリエステル糸。

裏からアイロンをかけると

これが溶けることが多いので

どんなものにアイロンする時にも

当て布をするのも習慣になりました。

 

さて、パンツであれば、

前パンツと後ろパンツの幅は

違うのが普通です。

縫い合わせの脇線に合わせて

ペタリときれいに広げ

その前後差分はゆるっと浮きますが

脇線側半分にハンカチを乗せて、

アイロンで伸ばします。

その時ゆるっとしてる

もう一方の半分には触りません。

次の工程で、反対側の縫い合わせ線に合わせて

また半分くらいを伸ばすと、

前後幅の違いも気にせずに

全部をきれいに伸ばせますし、

必要のない位置に

変な線が入ったりもしません。

 

 

基本的には後ろパンツの方が大きいので

後ろ側からかけた方が上手にできますが、

最後にフロントに変なシワがないかを

確認するのは忘れないように。

 

左足外側、左足内側、右足外側、右足内側と

左右パンツ、4エリアに

さっとアイロンを滑らせて

きれいに仕上がりました。

 

 

アイロンをかけるのは最後の仕上げ作業。

きれいに引っ張りながら伸ばすことの方が

大事なポイントになります。

この時にシワがあると、

シワがアイロンされてしまうので。

 

ほんの数分のひと手間。

座ったらまたシワは出来るんだけど

自分の気持ちはずいぶん違います。

 

センタープレスの入っているパンツの場合は、

最後に表側からピシッとラインを押さえます。

 

上手にかけられるとほんと、

爽快というか、気持ちいいというか。

 

 

アイロンしようとしたら

こんな可愛いことになってましたの。

しょうがないから変な場所に立って

変な姿勢で作業したのです。

猫には弱いのだ。

 

アイロン台は木の板を

市販の机足に乗せただけのもの。

この上で、いろいろ作業したり

毎朝のヘアメイクもしている場所です。

 

このお手製アイロン台も

どうなってるのか

またそのうちにご紹介しますね。

 

あ、今日は19時から

インスタライブであります。

今日も秋の新作を3型ご紹介しますので

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

今も暑い中最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様にも

エッセンシャルワーカーの皆様にも

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

暑い日には

 

今日みたいな暑い日は、

とにかく涼しいものが着たいし、

汗をかいても気にならなくて、

気持ち悪くないものを

選びたいものです。

 

汗染みを気にしなくていいのは、

白などの薄い色と

黒か濃いネイビーなどのかなり濃い色の

2択になります。

カーキやオリーブ、ベージュ、

チャコール、グレイなどは、

本当に目立つので、

気になるなら避けるのが無難です。

脇や背中だけじゃなくて、

座った時には腿裏に

滲みたりもするので油断大敵。

 

素材なら、やはり麻は抜群に気持ちいい。

肌に密着せず、

さらりとした着心地が続きます。

綿も気持ちいい素材ですが、

目が詰まっていたり、

糸が太くて重かったりすると、

結構暑かったり、

汗の匂いが残って

抜けなかったりもするので、

涼しく気持ちよく着られるものを

選ぶ必要がありそうです。

今は化学繊維でも、

涼しく、汗を外に出して

すぐに乾いたりする

機能性素材がたくさんあるので、

そういうものを

上手に選ぶのはありですね、

と思っています。

シワにもならず、

サラサラと気持ちのいいものが

いろいろあります。

 

見逃せないのが、

洗濯がしやすいか、

乾きやすいか、というところ。

汗をかいたら洗いたいし、

それがストレスにならないことも、

結構大事なポイントです。

シワが気になり、

アイロンが面倒なら、

その辺りも上手に解決している

素材がたくさん出ています。

 

あとはデザイン。

身体と服の間に

空気が通るゆとりがあり、

張り付かないものは涼しいです。

ワンピースなどで、

上から下に風が通るような

デザインのものは、

とても心地よいし、

パンツでも裾幅がたっぷりしたもの、

股の位置が下の方にある

サルエルタイプのものなどは、

とても快適です。

暑い気候の国で着られているものには、

ちゃんと理由があるのだと納得します。

 

トップスに関しては、

ゆるゆるなだけだと

いろいろ見えて気になるので、

まずは、ぎりぎり気にならないところまで

下着でカバーしてしまうのがおすすめです。

 

私なら脇、肩、衿線が

ここまで隠れてたらいい、と

自分で勝手に思っているタンクトップを

下着の上に着るのがベース。

最悪の場合トップスを脱いでも、

いきなりブラとか、

色っぽいキャミソール1枚とかより

おばさん的には恥ずかしくないものを

下着は基本完全に

隠れるサイズ感のものを

夏場は常に着用しています。

ゆるゆるのトップスなどは、

その上から着ます。

脇とか衿元から少し見えても、

見えるのがタンクトップなら、

そんなには(自分は)気になりません。

 

暑い暑い日が続きそうです。

どうぞ、着るもので、

少しでも快適に過ごしましょうね。

 

今も暑い中最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様にも

エッセンシャルワーカーの皆様にも

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE

洋服を選ぶ

 

ほっそりして、スタイルがすごくいい。

そういう人は何をお召しになっても

大丈夫ですけれど、

大半の人はそうではない 笑。

 

そして、人それぞれに

悩みどころはいろいろです。

きれいにほっそりしてても、

貧弱に見えて嫌、と

気になる方もいらっしゃるでしょうし、

ふんわりまろやかな身体が

気に入ってるという方も

いらっしゃることでしょう。

 

それは、その人その人それぞれの

感じ方や、考え方ですもの。

それはそれで、いいのですよね。

 

首が短くて顔がでかい私なら

どうしても出したい首まわりですが、

ここが骨っぽくて

老けて見えるから絶対に出したくない、

という方もたくさんいらっしゃって、

そういう方は上半身をすらっと

コンパクトなシルエットで作ると、

とても美しかったりします。

 

きれいに見えて好きなところを

上手に強調し、

気になっている部分を

いかに上手にカバーするか誤魔化すか。

要するに大事にしたいのは多分そこです。

 

似合わない、と分かってるものに

あえて手を出す必要はないと思っています。

でも、他のパーツのシルエットや

サイズ感によって、

デザインによって、

全体の印象が変わるから、

意外と似合うというものも

あったりするものです。

 

心が動くものを試すのは、

楽しみのひとつだから、

どんどんやっていいと

思うようになりました。

オールインワンが意外といい、

というのに気づいたのは、

思い切って試してみたから。

選ぶアイテムの幅が広がる

楽しい出来事になりました。

 

長く洋服を着てくると、

自分に似合うもの、好きなものには

嗅覚が働くようになっています。

これは気に入って

長く着ることになるだろう、と

思う服はなんとなくわかるもの。

そういう時には迷わずに

ゲットするのも大事なこと。

洋服はほんと、

一期一会ということもよくあります。

 

そして、全体のシルエット、

スタイリングなどには、微妙に

時代の空気というものが入ってくるので、

そこを外さないように、というか、

そこを押さえておくと、素敵なのです。

 

その辺りは、好きなブランドの

お店の方に相談したり、

ブランドが提案している

組み合わせをそのまま

試してみたりすると、なんとなく、

入ってくるかなと思います。

 

というほど、

ファッションに興味がない方も

多いことでしょう。

そこにそんなに時間も情熱も

かけたくないけど、

なんとなくかっこよく、

おしゃれな人に見えるといいな、と

そんな感じの人が、

特に若い人には多いように思ってます。

今は全部ファストファッションでも、

かっこよくまとめるのは

難しくないくらい、

センスのいいシンプルなものが

世の中にはたくさんありますからね。

 

でも、もうちょっと

いいものを着てみること、

ハイブランドのものを

買うほどじゃなくても、

上質な素材の肌ざわりを体感することや、

きれいなカッティングのものを

身にまとう経験は、

ぜひしてみるといいよ、と思っています。

 

ファッションは、楽しいものです。

自分の気持ちを楽しくするもの。

いい香りのキャンドルで

幸せな気持ちになるように、

大好きな似合うものを着ることは、

幸せなことです。

 

そして、何よりも、

自分が素敵に見える、と

自分がわかっていることは、

毎日何かと戦うために

外に出ていく自分の背中を

押してくれるものです。

 

ヘアカットも、お化粧も

ちゃんとしていて、

素敵に見える服を着ていることで、

自信を持って、出ていくことができるもの。

アメリカの大統領だって、

テレビのキャスターだって、

どう見えるか、は戦略的に作っているのです。

 

よくわからない、って人は、

プロの力を借りればいい。

素敵でかっこいいと

あなたが思う美容師さんや洋服屋さんは、

きっと喜んであなたが素敵になるための

手伝いをしてくれると思います。

 

洋服を着るのは、毎日のことだから、

しょうがなく着るんじゃなくて、

何を着ればいいのかわからないと

悩みながらじゃなくて、

これを着ていくの嬉しいな、が

毎日続きますように。

 

 

さて、今日はインスタライブを

17時から行う予定にしています。

秋コレクションの中から

おすすめのものなどを

Sayaも参加しての開催となります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

今も暑い中最前線で

戦ってくださっている

世界中の医療従事者の皆様にも

エッセンシャルワーカーの皆様にも

心からの感謝を!

 

[Disigner_ Kahoru Yamada]
Instagram_daily style
YouTube
[PCI official]
Instagram
Facebook
YouTube
LINE
pagetop
©2022 PCI